APEX 推奨スペックを満たすパーツ構成

配信開始から72時間でプレイヤー数が1000万人を超える程の人気ゲームApex Legendsを60FPSで動かせるパーツ構成を紹介します。

2019/7/17 更新


CPU Core i3-9100F

 

税込 11276円

コア4コア
スレッド4スレッド
クロック3.8Ghz ターボ時(4.2Ghz)
TDP65W

公式の推奨スペックに記載されているCPU corei5-3570tは第3世代の古いCPUで、すでに販売が終了しています。

Core i3-9100fは最新のCPUで、Core i5-3570tと性能を比較すると、だいたい20%程性能が高いです。

これより低いグレードのPentium G5400がありますが、そのCPUだと性能が足りないのでcorei3-9100fがおすすめです。

注意点

Corei3-9100fは、CPUに内臓されている映像出力機能が省かれているのでグラフィックボードなどを使わなければ映像が映りませんので、マザーボードを経由した映像出力ができなくなります。その分価格がおさえられており、とてもコスパの良い商品になっています。


メモリ PATRIOT ViperElite DDR4 2666MHz 4GBx2

 

税込 4699円

2666MHz 8GBのメモリが4000円台で買えます。 FPS値にそれほど関連性はないので、安く済ませたい人は、8GBでも十分です。

↓   ↓

TEAM DDR4 2666Mhz PC4-21300 8GBx2枚

税込 8480円


マザーボード MSI Z390-A PRO 

税込 11015円

lga1151 v2ソケットのマザーボード。Intelが販売している最新グレードで、後にハイエンドのCPUに変えることもできます。

下位モデルのマザーボードH310もありますが、

↓     ↓

ASRock H310CM-HDV/M.2

税込 6625円

一世代前のマザボで、BIOSがアップデートされていればCorei3-9100fが使えるのですが、市場に流通している物の中にはアップデートされているものと、されている物があるようで、こちらを買うなら注意が必要です。


グラフィックボード MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G

 

税込 15939円

公式の推奨スペックに記載されているGTX970とR9 290は古い世代の物で、新品はすで販売を終了しています。

性能についてですが、GTX970・R9 290とRX570を比べるとほぼ同等のスペックです。

今現在販売されているGTXシリーズだと近い性能がGTX1060になりますが、3万円弱出さないと買えません、ですが、Radeon rx570だと半額で買えます。非常にコスパの高いグラボです。


HDD WD WD20EZAZ-RT 2TB

 

税込 6252円

ゲーム用途に使うならある程度、容量の大きいものを選んでおくと苦労せずにすみます。
SSDは起動時間やロード時間等短くできますが、HDDと比べて3倍近く値段が高くなりますので、財布とご相談ください。


電源 玄人志向 KRPW-L5-600W/80+ ATX 600w

 


税込 4352円

電源変換効率80%の電源で、有名なメーカー玄人志向の電源で変換効率80%。 レビューも良く、初めて組む方にはオススメ。


OS Windows 10 Home 32bit/64bit

税込 15856円

windowsをインストールする際、必ず64bitをダウンロードしてください。32bitだと、メモリの上限が4GBになってしまうばかりか、APEXなどのゲームは64bitにしか対応していないのでご注意ください。


PCケース Thermaltake Versa H18 ミニタワー型

PCケースは大きさや見た目など色々ありますので、ご自分で好きな物を選ぶと良いと思います。

個人的にオススメするのがこのケースで、大きい分パーツを組み込んだり、配線するのが簡単で価格もお手頃です。

 税込 3058円


合計

CPU Core i3-9100F                            11276円

メモリ PATRIOT ViperElite DDR4 2666MHz 4GBx2               4699円

マザーボード MSI Z390-A PRO                       11015円

グラフィックボード MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G              15939円

HDD WD WD20EZAZ-RT 2TB                         6252円

電源 玄人志向 KRPW-L5-600W/80+ ATX 600w                 4352円

OS Windows 10 Home 32bit/64bit                      15865円

税込合計 69398円


合計で69398円になりました、性能の近いBTOパソコンよりも2万円程安く作れました。

下記の動画を見てもらえれば、降下するとき以外60FPS以上を保っているのが分かると思います。